起立性調整障害は大人の症状と原因

MENU

起立性調整障害は大人の症状と原因

起立性調整障害とは、立ち上がった時に起こる障害で、起立時の血圧低下と心拍異常によって引き起ります。
通常は起立による血圧の大きな変動はありませんし、心拍も少し変化するくらいですが、起立性調整障害は起立により血圧が低下したり心拍が大きく増加するのです。
小学校高学年から中学生にかけての子供に起こりやすいとされていますが、大人でもこの障害に悩まされている人は少なくありません。
起きなければならない時間に起きることができない、長時間起っていたり、急に立ち上がるとクラクラする、慢性的な疲労感が抜けない、頭痛、夜眠れない、ぐっすり眠れない、あまり動いていないの動悸や息切れがするといった症状が見られ、通常の疲労と区別がつきにくく、怠けていると思われてしまったりもします。
原因としては、自律神経の乱れと脳の血流不足が挙げられます。
そもそも人間の身体は、重力によって血液が下半身に溜まるのを防ぎ、心臓に押し戻すため、下半身の筋肉がポンプのように血管を縮ませて血液を押し戻すのですが、起立性調整障害の人はこの血管の収縮がうまくできないこと原因で症状が現れてしまいます。
起立性調整障害の対処方法は規則正しい生活をすることです。
決まった時間に3食食べて、早寝早起きをする、こういったことで生活リズムや体内時計が整うので自律神経が整いますし、症状も大きく改善されます。また自律神経は心理面に大きな影響があるので、できるだけストレスを感じないよう過ごすことも重要です。