起立性調整障害は病院の何科で診療するの?

MENU

起立性調整障害は病院の何科で診療するの?

子供に起立性調整障害が出た時には小児科で診察を受けた方がよいです。
小児科は小さい子供や幼児を診察するというイメージがありますが、最も専門的に診察してくれます。

 

小児科の医師でも不登校や思春期の子供をこれまでに、たくさん診察してきた医師だと安心です。
疑いがあるときには治療をするときには、予約するときに病院に問い合わせてみるとよいです。

 

他にも起立性調整障害に関連する情報を専門的に扱っているので知識と診察経験も多く、書籍などを発行している著者も殆どは小児科の医師です。

 

心療内科や精神科と迷いそうになりますが、子供なら先に小児科を受診する方がおすすめです。
実は小児科以外の医師だと起立性調節障害の知識がなくて、正確な診断が難しいことがあります。

 

うつ病でなくてもうつ病と診断されたり、精神的や気持ちの問題と判断されたりします。
中にはうつ病と併発していることもありますが、それでも小児科に行ってからそこで対応出来ない部分があるときに精神科や心療内科を受診するとよいです。

 

小児科だと困るのが、中学生や高校生でも受診するべきかです。
中学生や高校生でも、起立性調節障害の専門分野を取り扱っていて、知識と経験が豊富な小児科の医師の方が安心です。

 

近年はホームページなどでもこの病気のことが紹介されていたりするので、受診前に不安がある時には病院に診察を受けられるかなどの問い合わせをしておくと確実です。

 

診察のときには、出来れば親は席を外して子供が医師に本音で相談できるようにした方がよいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

?