起立性調整障害とは

MENU

起立性調整障害とは

起立性調整障害は自律神経失調症の一種です。中学生の約10%に見られて、特に女子に多いと言われています。
起立性調整障害の主な症状は、朝になっているのに起きられない、身体を動かそうと思っても動かすことができない、立ちくらみやふらつき、めまい、食欲不振、疲れが取れないといった症状があります。
起立性調整障害の原因は自律神経の乱れだと言われています。本来は朝になると自律神経が優位になって働き心臓を動かして血流を増やして起きやすくしたり、下半身の血流を下げて脳の血圧を一定にするなどの働きがあるのですが、起立性調整障害の場合には朝になっても自律神経が働かず、5〜6時間も後ろにずれこんでしまいます。夜間になっても自律神経の働きは低下しないため、夜の方が元気になって寝つきが悪くなってしまうことがあります。「生活リズムが乱れているから、朝起きられないんだ」と考えてしまいがちですが、実際には自律神経のリズムが乱れていることが原因になっています。特に午前中と血管の拡張しやすくなる冬から春にかけての季節になると症状が悪化しやすくなります。
午後から夜にかけては元気になり、遊んでいる姿を見ると「ただ怠けているだけではないか」と思ってしまいがちですが、検査を行えばちゃんと異常が見つかります。家族や教師の理解が得られると子供は安心して症状が軽減してくるケースがあります。精神的ストレスで症状が悪化してしまう場合もあるため、注意が必要となります。

 

 

起立性調整障害症状

起立性調整障害は起立性低血圧とも呼ばれ、小学校の高学年から中学生にかけて多く見られる症状です。思春期に多いのが特徴で、血液検査を行っても何の異常もないことが多いです。様々な症状が出るため、学校に登校することが難しくなり、不登校になることもあります。
起立性調整障害の主な特徴としては朝起きられない、立ちくらみがする、全身の倦怠感、動悸、頭痛、寝つきが悪い、イライラ感が強いなどがあります。
特に大きな特徴は朝起きられないことで、体がだるいため起きようと意識していても起きられないことがあります。仮に起きたとしても食欲がわかず、胃がむかむかすることもあります。
頭痛に関しては片頭痛や緊張性頭痛のような症状が出ることもあり、見分けが難しいですが、起立性調整障害の場合は、朝起きたとたんに起こり、夜になると軽くなるのが特徴です。片頭痛や緊張性頭痛の症状が朝に起きやすい場合は起立性調整障害の可能性があります。
立ちくらみもまた多い症状で、血圧が下がることで、脳への血流が不足し立ちくらみやふらつきといったことが起こります。座ったり立ったりした瞬間に意識がなくなることもあります。
起立性調整障害は自律神経が乱れることや耳の三半規管が不調で起こることがあります。ストレスによって自律神経が乱れることもありますが、身体の病気でもあるため生活に気を付ける必要があります。
散歩はしても大丈夫ですが、ずっと立ち続けることは症状を悪化させるので注意します。

 

 

 

起立性調整障害の原因

 

10歳代の小学生から、高校生となる子どもたちに多いといわれています、起立性調整障害と呼ばれるものがあります。特に、思春期を迎えた子どもたちに多くみられることからも、身体の発育が急激になって、自律神経の働きのバランスが乱れた状態をいいます。起立性調整障害は大人にもみられて、起立性低血圧や、自律神経失調症と診断されるケースが多いといわれています。
この、起立性調整障害の原因として考えられていることは、交感神経と副交感神経という、自律神経のバランスが乱れることが大きな原因のひとつとされています。自律神経の中でも、交感神経が過敏になっている場合が多いことがわかっています。脳へ運ばれる血液の量が低下して、血圧低下の症状があらわれたり、脳貧血を起こすことがあるといいます。また、心拍数が増えて動悸や胸の苦しさを訴える人もいるようです。身体や心に受けるストレスも、原因のひとつと考えられていますので、自律神経と心のケアが大切になるとされています。
起立性調整障害と診断された患者さんの症状には、朝起きられないことや、疲れやすいこと、ふらつきや立ちくらみがあったり、頭痛や食欲があまりないなどを訴える方が多いようです。また、午前中に体調がすぐれないことが多くて、午後になると徐々に調子を取り戻していくという人もいます。子どもの場合には、授業に集中できなくて保健室で過ごすこともありますので、専門医の診察を受けられるのがいいでしょう。

 

 

最新治療方法

 

起立性調整障害という障害は、寝ている時、つまり安静時よりも立った時の方が血圧が低くなってしまうというものです。そもそも血圧は心臓から身体のすみずみまで血液をいきわたらせるための圧にことですが、横になっているときよりも立った時の方が上へつまり脳へ血液を送らなければならないので心臓は頑張ります。その結果として立った時のほうが血圧が高くなるのが普通なのですが、その反対に血圧が下がってしまうのです。原因は筋力の低下と言われており確実な治療法がないのですが、改善することや防ぐことは可能です。ふくらはぎなどポンプの役割をする筋肉をつけたり運動することで脳に血液をいきわたらせるというものがあります。最近では漢方での改善も見込まれています。比較的筋力のない女性に発症することが多いのですが、男性でも発症することはあります。そして改善するにしても普段の生活を気を付けることでふらつきやめまいを防ぐことは可能なのです。例えば、たちあがるときに「よっこいしょ」と言うことです。身体に、脳に、今から立ち上がるよと教えることで備えられるのでふらつくことを防ぎます。また、ゆっくり頭をもちあげながら立ち上がります。朝起きる時にはすぐにバッと起きるのではなく、ゆっくりと頭をお辞儀するように持ち上げると急に血圧が下がらずにすむのでくらっとすることを防げます。お風呂に入る時は熱いお風呂よりもぬるいお風呂に長く入るようにしてください。入る前と入った後にコップ一杯の水をとることもおすすめです。

 

 

起立性調整障害は、主に小学生の低学年から中学生におきやすい傾向にあります。朝起きられない、全身の倦怠感、めまい、頭痛、動悸、うつ症状、食欲不振、夜寝付けない、イライラする、集中力が低下するといった症状が発症している場合は起立性調整障害の可能性が高まります。原因は、自律神経の乱れによるものとされています。血圧の調整をおこなうために自律神経は大きな役割をになっており、乱れが生じることで起立性調整障害が生じていまう仕組みです。また、その他の原因として、平衡感覚のトラブルがあげられます。めまいやたちくらみ、ふらつきを生じてしまいます。耳の三半規管の不調で発症する場合もあります。起立性調整障害は、自宅でもケア方法があります。光療法として光時計を使うものです。起床時に、太陽と同じくらいの強い光がでるのが光時計で、体内の自律神経のバランスを整える期待がもてます。自律神経は、副交感神経とのバランスが大切で、体内時計を整えてあげることが大切です。体内は一般的に25時間で一日という周期で動いており、一日24時間に整えるために必要なのが朝の光だとされています。朝の光で体内時計のズレをリセットすることでバランスをとっているのです。光時計を継続して使うことで自律神経と副交感神経のバランスがとれ、次第に起立性調整障害の治療にも役立つ仕組みです。

 

 

>>起立性調整障害の治療にも効果的な目覚まし時計<<